75 Results for:

Scientology

  • Sort by:
  • Best Selling
Results: 1 – 16 of 75
Page:
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 7.2 hrs • 11/3/2015 • Unabridged

    The outspoken actress, talk show host, and reality television star offers up a no-holds-barred memoir, including an eye-opening insider account of her tumultuous and heart-wrenching thirty-year-plus association with the Church of Scientology. Leah Remini has never been the type to hold her tongue. That willingness to speak her mind, stand her ground, and rattle the occasional cage has enabled this tough-talking girl from Brooklyn to forge an enduring and successful career in Hollywood. But being a troublemaker has come at a cost. That was never more evident than in 2013, when Remini loudly and publicly broke with the Church of Scientology. Now, in this frank, funny, poignant memoir, the former King of Queens star opens up about that experience for the first time, revealing the in-depth details of her painful split with the church and its controversial practices. Indoctrinated into the church as a child while living with her mother and sister in New York, Remini eventually moved to Los Angeles, where her dreams of becoming an actress and advancing Scientology’s causes grew increasingly intertwined. As an adult, she found the success she’d worked so hard for, and with it a prominent place in the hierarchy of celebrity Scientologists alongside people such as Tom Cruise, Scientology’s most high-profile adherent. Remini spent time directly with Cruise and was included among the guests at his 2006 wedding to Katie Holmes. But when she began to raise questions about some of the church’s actions, she found herself a target. In the end, she was declared by the church to be a threat to their organization and therefore a “Suppressive Person,” and as a result, all of her fellow parishioners—including members of her own family—were told to disconnect from her. Forever. Bold, brash, and bravely confessional, Troublemaker chronicles Leah Remini’s remarkable journey toward emotional and spiritual freedom, both for herself and for her family. This is a memoir designed to reveal the hard-won truths of a life lived honestly—from an author unafraid of the consequences.

    Available Formats: Download

    Troublemaker

    7.2 hrs • 11/3/15 • Unabridged
    Download
  2. 0.9 hrs • 10/6/2015 • Unabridged

    「この仕事は反乱を意味するわけではありません。こういった輩の滅亡に対する願いなど、露ほども意味していません。これが意味しているのは、人間が再び自分の足で立ち、非常に混乱した機械的な社会の中で自分自身を見付け出し、そして自分自身に対して、自分を創造した幸せのいくらか、誠実さのいくらか、そして愛と優しさのいくらかを取り戻せることができるという希望なのです。」 ― L. ロン ハバード 歴史の始まりから、人間は、より大きな自由を達成できるかもしれない、日々の退屈な仕事から抜け出せるかもしれないという希望を胸に抱いてきました。何世紀にもわたり、最も偉大な宗教指導者たちが語り続けてきたその希望によって、人間は、未来に直面する力を何度も新たなものにしてきました。しかし、希望を実現するための実際の手段を持っていなかったために、より大きな自由という目的は、すべての人にとってではなかったとしても、ほとんどの人にとって遠い彼方の達成不可能な夢であり続けていました。 20世紀に入ると、自然科学が急速に空前の進歩を遂げ、宇宙に関する多くの情報が明らかになりました。しかし同時に、そうした科学は研究対象を物質世界にのみ限定したもので、人間の魂の存在を無視し、否定さえするものでした。 それが、人間の謎を解き明かそうとする、L. ロン ハバードの25年にわたる探求の背景にあったものです。彼は、何千年にもわたる宗教の教えから蓄えた知識に20世紀の科学の手法と方法論を用いることで、人間とは一体何者で、一体何であるのかを理解しようとしたのです。 そして1952年に、彼は歴史的な発見に到達しました。単なる信条ではなく、明白な証拠とともに、ハバード氏は無限の生命力を持つ不滅の精神が実際に存在するということを証明しました。「意識していることを意識している個体」、つまり、その人自身です。さらにハバード氏は、そういった科学的な手法によって、この「意識していることを意識している個体」の人生をたどることができるということも発見しました…何度も何度も繰り返される人生です。 これらの驚くべき発見には、念願の科学と宗教の融合とも言えるほどの意味合いがありました。科学によって長い間人間に否定されてきた魂が、科学によって提供された技術によって発見されることとなったからです。それにより、宗教の分野において何千年にもわたって信じられてきたことが現実のものとなり、誰でもすぐに実感することができるようになりました。 新しい宗教、世界初の完全に実践的な宗教であるサイエントロジーは、そうして誕生したのです。

    Available Formats: Digital Rental

    人間の希望 (The Hope of Man)

    0.9 hrs • 10/6/15 • Unabridged
    Digital Rental
  3. 0.6 hrs • 10/6/2015 • Unabridged

    這項研究並不代表一場反叛。一點也不代表我們想要消滅什麼東西,它所代表的只是一種希望,希望人類能夠再次找到立足點,能夠在一個非常混亂、機械論的社會當中找到自己,而且能夠讓他自己恢復與生俱來的一些快樂、一些真誠、一些愛與仁慈。 ── L. 羅恩 賀伯特 太初以來,人便極度渴望更大的自由;希望生命不僅僅只是日常辛苦地交易和獲利而已。幾世紀以來,偉大的宗教領袖們不斷重申這份希望,這使人得以重拾力量,而面對未來。但由於沒有切實可行的方法,可以將這份希望轉變成事實,因此追求更大的自由,對多數人而言,仍是一個遙不可及的夢想。 時至二十世紀初,自然科學突飛猛進,揭露出有關宇宙的許多豐富資訊。然而,在此同時,這些科學僅限於物質世界的研究,因而忽略甚或否認了人類靈魂的存在。 這就是L. 羅恩 賀伯特尋求二十五年,解決人類之謎的背景。他將二十世紀的科學工具和方法,應用於數千年來積累的宗教教義知識,以此來探索、理解人類真正的身分與實際的內容。 1952年,羅恩得到了一個歷史性的發現。羅恩藉由可示範的證據,而非純信仰,確立了擁有無限生存力的不朽靈魂的確存在──覺察到覺察的單位,也就是那個人自己。此外,藉由相同的科學方法,羅恩進一步發現,他可以往回追溯這個覺察到覺察的單位過去一世又一世再一世的生命。 這些卓越的發現意味著:科學與宗教經過多年,終於找到了會合點;科學技術為人類找出了長期遭科學否認的靈魂。這些發現,將幾千年來在宗教領域裡的信仰,具體化為任何人都可以在此時此刻實踐的事實。 因此,一個新的宗教信仰誕生了,世界上第一個完全實用的宗教信仰──山達基。

    Available Formats: Digital Rental

    人類的希望 (The Hope of Man)

    0.6 hrs • 10/6/15 • Unabridged
    Digital Rental
  4. 0.9 hrs • 10/6/2015 • Unabridged

    暴政生根的時候,都沒有人在注意觀察,每一個人都能吃飽喝足,一切都很平靜,沒有什麼事情發生。然後在人們比較餓的時候,擁有的東西比較少的時候,就突然注意到有人說他們不准講話,有人說他們不准有意見,這時候暴政就被人看見了,大家都看得一清二楚。── L. 羅恩 賀伯特 推翻暴政是為人民、為國家、甚至為全人類贏得自由。但是,若要徹底享受自由的福祉,那麼每個男男女女還必須獲得個人的自由。 在國家的自由方面,本演講提及雅典政治家培里克里斯,僅憑一己之力為全人類計畫更好的未來──一個免於暴政的未來。憑藉此,才發展出一套準則,成為現代文明的核心──尤其是人民有權擁有自己的意見、有言論的權利、知的權利,以及參政的權利。此外,由於新暴政出現,威脅人的權利,所以這場演講提供一個至關重要的訊息給這個世代,以及未來所有世代。 這場演講也包含了賀伯特先生個人的親身故事:為了使人類擁有更好的未來,他善加保護他對人類心靈的研究發現,以避免受制於專制政權。因此,今天人類將能達到前所未有的個人自由。 這就是人如何享受兩千多年來,自由這項重要傳承全部益處的方法。

    Available Formats: Digital Rental
    出自黃金年代的念力設定 (A Postulate out of a Golden Age) by L. Ron Hubbard
    Digital Rental
  5. 0.9 hrs • 10/6/2015 • Unabridged

    我做過的事情和正在做的事情,還有你在做的事情,背後有一段極漫長、極有意思的歷史。你在探討、在使用的,是促使人類社會步向文明最古老的要素。── L. 羅恩 賀 伯特 自遠古時代,人類便試圖將靈魂從身體釋放,以達到永生不死。這些宗教遺產是山達基的基礎,在本篇敘述中,羅恩描述了人類冒險犯難地尋求方法,以達成目標的非凡故事。 傳承文明從一開始就有的傳統,人類永不止息追尋這項知識的歷史,啟發了這星球上偉大的哲學及宗教。同時,本演講也細述哲學和宗教如何急速擴展,使昔日蠻荒的世界變成今日的東西方文明。羅恩不僅找出使宗教有影響力的原因及要素,也找出可以連結所有宗教思想的共同目標。 在這個史詩般的戲劇化背景下,羅恩透露他如何從萬年以來哲人的智慧結晶與企求中,建構出山達基,體現了人類長久以來所追求的偉大勝利。這項發現及技術,使得人類最古老的探索攀上顛峰,讓人得以在此時此刻實現久遠以來的夢想──透過智慧使靈魂獲得解脫。 山達基是二十世紀興起的主要宗教之一。山達基使東西方文化、科學與宗教,終於得以結合。

    Available Formats: Digital Rental
    Digital Rental
  6. 0.8 hrs • 10/6/2015 • Unabridged

    除非宗教有關於人類靈魂的技術,否則它會嚴重地迷失方向。要讓宗教成為實用的、一般的東西,就必須要擁有人類靈魂的技術。── L. 羅恩 賀伯特 今日武器之發達,已足以毀滅一整個國家,社會暴力充斥,草菅人命。為什麼道德責任感會淪落至此,更重要的是,該怎麼做才能處理這個情況呢? 為了找到答案,賀伯特先生探索了過去人類對靈魂領域的研究與調查。聽他細述許多過去為人所熟知,今日卻鮮為人知的奇觀異象,我們發現隨著機械科技成為主流,宗教界中卻沒有足以相比擬的事物,將宗教帶入日常生活的應用層面。結果現代研究終於完全否定靈魂,把個人視為區區刺激──反應的機制,沒有良知,也沒有價值。 因此,山達基的出現對個人及全人類,都具有重大意義,因為這是第一個運用實際技術,為每一個人提供日常生活中實用的解答的宗教。透過這項技術,個人的智商提高了,力量與能力增加了,人類得以恢復他良善及高尚的情操──更光明的未來指日可待。

    Available Formats: Digital Rental
    Digital Rental
  7. 1.1 hrs • 10/6/2015 • Unabridged

    所以我們非常坦率、非常直言不諱地在談的是這一點:個人效率是可以改變的,個人效率是可以提升的。可以讓它變得更好或更糟。 ── L. 羅恩 賀伯特 機構要成功得靠個人,而文明要成功,確實也是如此。花最少努力就完成最多事情的人,事實上是比較有意願、比較有能力,而且比較有效率的。這樣的人較少有情緒壓力。他們也較適合做關鍵性的決定。隨著整體產業效率的增加,整個社會也會隨著受益。 這正是《提升效率》的主題,賀伯特先生在這場演講中透露了他的發現,讓人以全新的角度來看效率──不是從機械方面的角度來看,而是從思想、情緒、作用力的角度切入。此外,羅恩解釋了為什麼處理想法如此重要,因為單單想法就足以改變情緒和作用力。整體來說,藏在這場演講裡的正是效率的「秘密」,以及克服情緒變化無常和努力工作的真正方法。

    Available Formats: Digital Rental

    提升效率

    1.1 hrs • 10/6/15 • Unabridged
    Digital Rental
  8. 0.6 hrs • 10/6/2015 • Unabridged

    所以我們非常坦率、非常直言不諱地在談的是這一點:個人效率是可以改變的,個人效率是可以提升的。可以讓它變得更好或更糟。 ── L. 羅恩 賀伯特 機構要成功得靠個人,而文明要成功,確實也是如此。花最少努力就完成最多事情的人,事實上是比較有意願、比較有能力,而且比較有效率的。這樣的人較少有情緒壓力。他們也較適合做關鍵性的決定。隨著整體產業效率的增加,整個社會也會隨著受益。 這正是《提升效率》的主題,賀伯特先生在這場演講中透露了他的發現,讓人以全新的角度來看效率──不是從機械方面的角度來看,而是從思想、情緒、作用力的角度切入。此外,羅恩解釋了為什麼處理想法如此重要,因為單單想法就足以改變情緒和作用力。整體來說,藏在這場演講裡的正是效率的「秘密」,以及克服情緒變化無常和努力工作的真正方法。

    Available Formats: Digital Rental

    提升效率 (The Soul: Good or Evil?)

    0.6 hrs • 10/6/15 • Unabridged
    Digital Rental
  9. 0.8 hrs • 10/6/2015 • Unabridged

    要瞭解生活,就得成為生活的一部分。你必須下來看,必須去探索生活中的每個層面、每個角落。你必須先與各式各樣的人把臂交際,最後,你才能夠確認人是什麼。── L. 羅恩 賀 伯特 在L. 羅恩 賀伯特創建戴尼提與山達基這非凡的旅程中,他的確是這麼做的。他的年少時期充滿冒險,在粗獷蠻荒的美國西部度過。之後他遠渡重洋,在今日仍神祕未知的亞洲跋山涉水。他對於生命真正本質的探索長達二十年,直到戴尼提與山達基才開花結果。這些故事,都記述在賀伯特先生的這場演講中。已有數百萬人聽過這場傳奇性的演講。 一個人如何單獨發現人類所有偏差錯亂的根源,並提供一套有效的技術,讓人類提升到更高層次的誠實、美德與真正的自由?答案就在這場演講中,L. 羅恩 賀伯特親自描述這段漫長歷程,實現人類兩千五百年來夢寐以求的全新狀態,這故事僅有親身體驗過的人才能訴說箇中滋味。

    Available Formats: Digital Rental
    Digital Rental
  10. 1.2 hrs • 10/6/2015 • Unabridged

    「暴虐政治の種は誰も注意していない時、誰もが満腹である時、すべてが穏やかな時にまかれます。表面には特に何も現れていない時に、暴虐政治が現れます。そして人々がもう少し空腹になってきて、もう少し生産が減ってくる時、そして、彼らがしゃべってはいけない、意見を持ってはいけないと誰かが言っていることに突然気付いた時、それはとても明白になります。」 ― L. ロン ハバード 暴虐政治に打ち勝つということは、個人として、国家として、人類として、自由を勝ち取ることです。しかし、そういった自由から完全に益を得るには、ひとりひとりの人間も個人として自由でなければなりません。 国家の自由に関して、ここに、古代アテネの政治家ペリクレスが思い描いた、人類のより良い未来に関する注目すべき物語があります。暴虐政治から解放された未来です。彼は現代的な文明の中心で、ある原理を展開しました。国民には自分自身の意見を持つ権利、発言する権利、知る権利、政治に参加する権利があるということです。さらに、新たな暴虐政治が台頭してこれらの権利が 脅威にさらされても、ここには私たちの時代、そしてすべての時代に向けた重大なメッセージがあります。 これは、より良い未来を完全に実現するために、いかにハバード氏が人間の心に関する発見を現代の暴虐政治の手に渡らないようにしたかの物語です。その結果、今日人々は以前には不可能だった個人的な自由を達成することができるのです。 ここには、2千年以上にわたって自由を意味してきた素晴らしい遺産から、人類が完全な益を得る方法があります。

    Available Formats: Digital Rental
  11. 1.2 hrs • 10/6/2015 • Unabridged

    「これから、逸脱とは何かということについてお話しします。逸脱。それは文字通りの意味です。『逸』、『脱』。それは、真っすぐ進んでいないものという意味です。『逸脱(aberration)』とは、基本的に光学用語なんですが、それが心の領域に入り込んできたものです。」 ― L. ロン ハバード 逸脱は人々の輝く希望を裏切り、家族を崩壊させ、組織を混乱させ、そして国家を混沌に陥れます。 人々が「理路整然と考える」のを妨げるだけでなく、不合理なことを実行するように強いる、どのような悪の種が人間の心の中で成長するのでしょうか? 人間は、何千年にもわたって「逸脱」の原因を発見できなかったため、個人の不幸と破滅した人生について、無数の犠牲を払ってきました。 しかし、その答えが見付かれば、無限の展望が広がるでしょう。人々は望み通りに、長く続く成功を収めることができるでしょう。家族は繁栄し、より力強く、団結することでしょう。グループと組織は、新たな段階で繁栄するでしょう。国々は繁栄し、意見の食い違いを解決するのに、もはや暴力や戦争は必要ではないと理解するでしょう。そして、人類の兄弟愛もまた、夢ではなくなるかもしれません。 ここには、長い間人間の心の中で隠されてきた破壊の源を突き止めたことで、それらの目標を達成することのできる知識があります。個人やグループ、国家や文明を逸脱の悲惨な結末から自由にすることができるのです。その答えは、これまで知られていなかった「心の映像」の発見にあり、それによって、より良い世界への可能性が生まれたのです。

    Available Formats: Digital Rental
    Digital Rental
  12. 1.1 hrs • 10/6/2015 • Unabridged

    「宗教は、人間の精神に関する技術を持っていなかったら、ひどく道に迷うことでしょう。宗教が実践的、日常的なものになるためには、人間の精神に関する技術を持つことが必要不可欠です。」 ― L. ロン ハバード 今日、全人類を絶滅させるほど強力な兵器が存在します。そして、人の命を顧みないような暴力が巷に溢れています。どうしてそこまで道徳の責任感が下がってしまったのでしょう? そして、とても重要なことに、それに対してどのような手を打つことができるのでしょう? そういった問いに対する答えを出すために、ハバード氏は、人間の精神の分野における、人類の研究と調査の歴史を探ります。過去の時代にはよく知られていても、今日ではほとんど知られていない、多くの驚くべき現象について彼が説明すると、あることが明らかになります。それは、機械技術が優勢になっても、それと並行して、宗教を日常生活に適用する段階に引き上げるようなものは何も現れなかったということです。その結果、現代的な研究は精神を完全に否定して、代わりに、個人を良識も価値観も持たない、単なる刺激-反応のメカニズムとして扱うようになったのです。 したがって、個人にとっても人類にとっても、サイエントロジーの登場には重要な意味がありました。これは技術の適用によって、人生で日々使うことのできる、効果のある解決策を提供する、初の宗教だからです。その技術によってIQの向上が可能になり、個人の力と能力は向上し、思いやりと良識を取り戻すことができます。そこから、より明るい未来が確実に訪れるのです。

    Available Formats: Digital Rental

    研究と調査の歴史

    1.1 hrs • 10/6/15 • Unabridged
    Digital Rental
  13. 1.1 hrs • 10/6/2015 • Unabridged

    「ですから、私たちが非常に唐突に、極めて単刀直入に話しているのはこういうことです。人間の能率は変化し得る。人間の能率は向上し得る。それは向上させることも、低下させることもできる。」 ― L. ロン ハバード 組織や文明の成功は、個人に懸かっています。より少ない努力でより多くを達成する人は、より意欲的で、より有能で、実際、より効率的です。そういった人たちは感情的な圧迫や緊張にあまり苦しむことはありません。そういった人たちにこそ、重要な決定を任せるべきでしょう。そうして、産業全体の能率が向上すれば、社会全体が益を受けることになるのです。 それが「能率の向上」の主題であり、ここでハバード氏が明かす発見の数々は、(機械的な意味ではなく、思考、感情、努力の点から)効率に関する全く新しい考え方を提供しています。さらに、ここではなぜ「思考」に取り組むことが最も重要であるのかが説明されています。思考だけが感情と努力を変えることができるからです。この講演に収録されているものは、能率の向上に関する「秘訣」と、予測のつかない感情の変化と仕事での苦労を克服する手段です。

    Available Formats: Digital Rental
    Digital Rental
  14. 1.2 hrs • 10/6/2015 • Unabridged

    「人は私にこんな質問をします…『一体どのようにしてダイアネティックスを考えついたんですか?』 まあ、私には、文化と結び付いた疑問以上のものがそれに必要だったとは思えません。その疑問は恐らく5万年もの間、人間とともに存在し続けています。『人間をそのように振舞わせるのは何か?』『なぜ人間は、人間が取るような行動を取るのか?』これらの疑問は、私たちに残されている最も古い文献の中に見られます。」 ― L. ロン ハバード 1950年5月9日に発売された、『ダイアネティックス:心の健康のための現代科学』は一夜にして出版界にセンセーションを巻き起こしました。瞬く間にニューヨーク・タイムズ紙のベストセラー・リストに上り、連続26週間にわたってリストに残り続け、紛れもなく、人間の心についてこれまでに発行された出版物の中で最も知られている書籍であり、今日までその非凡な記録が語り継がれています。 その反響はあまりにも大きかったため、事実、一夜にしておよそ750ものダイアネティックス・グループが合衆国中に誕生し、文字通り、草の根運動が燎原の火の如く広がっていきました。また、著者L. ロン ハバードから個人指導を受けることを望む人々が空前の津波の如く押し寄せました。その結果、初版の出版から数週間も経たないうちに、ハバード氏は東海岸から西海岸へ旅をして、自らの発見とその適用法を何万人もの新しい読者に講演して回りました。間もなくハバード氏は、直接参加できない多くの人々に講演を提供するために、講演を録音することを指示しました。 そのようにして、カリフォルニア州オークランドのミュニシパル公会堂で行われた講演において、ダイアネティックスの技術は初めて音声によって記録されることとなったのです。 それ以来、何十年にもわたり、『ダイアネティックス』は世界中で何度もベストセラー・リストに登場し、数千万部が流通しています。さらに、『ダイアネティックス』が引き起こした運動は、地球上の50以上の言語で、すべての大陸のすべての文化に広がっています。 L. ロン ハバードは、『ダイアネティックス』でこう述べています。「これから冒険が始まります。これを冒険だと考えてください。あなたはきっと、新しい自分に生まれ変わるでしょう。」 ここから、「心」という未知の国への冒険が始まります。

    Available Formats: Digital Rental
    Digital Rental
  15. 1.2 hrs • 10/6/2015 • Unabridged

    「家族とは単に性的な快楽を得て、子供を育て、自分たち自身の間で互いに経済的なメリットを得るためのグループにすぎません。ほら、それは小さなグループなんです。ですからこれは実際のグループです。家族がなければ人類はどこにも存在しないでしょう。」 ― L. ロン ハバード 人間を理解しようとする探求において、ハバード氏は、存在にはただひとつの共通項があることを発見しました。「生存せよ!」です。個人の経験や活動がどれほど多様であろうと、誰もが生存しようとしており、それがすべての生命にとって唯一の共通項なのです。 ハバード氏は生命をさらに綿密に調べ、生存がさらに「8つのダイナミックス」として知られる8つの別々の衝動へと細分割されることを発見しました。つまり、人は(1)自己、(2)家族と将来の世代、(3)自分のグループ、(4)人類、(5)すべての生物、(6)物質宇宙、(7)精神として、または精神のために、(8)至高の存在または無限のために生存しようとしているのです。 第2のダイナミックは、長い間、神秘と混乱の源でした。それは少なからず、これまでの人間についての研究は、誤ってセックスを存在の唯一の理由として、不合理さの主要な原因として標的にしていたからです。そういった実践者たちは、8つのダイナミックスについて知らなかったため、多くの人々を第2のダイナミックについてだけでなく、人生そのものにおいても失敗へと導きました。彼らの理論に効果がなかったということは、今日の挫折した人間関係や家庭崩壊、若者が抱える困難によって証明されています。 第2のダイナミックは、8つの中の1つのダイナミックであるにもかかわらず、もちろん、誰にとっても重要なものです。そして生命のこの重要な部分において、どのようにして豊かな生存を達成するかという問いに対する答えは、些細な発見ではありません。誰もがこの知識を使って、第2のダイナミックとは実際には何なのかを発見することができ、生命の他の部分との関係を理解することができます。したがって、個人であれ、夫婦であれ、家族であれ、人々は幸福になるための潜在的な可能性に気が付くのです。

    Available Formats: Digital Rental
  16. 1.1 hrs • 10/6/2015 • Unabridged

    「あなたが突き動かされる理由、あなたが今の通り正しい理由、あなたが少しでも機能する理由、あなたが少しでも考える理由を見付けようとすること。それはかなりの冒険でしょう。」 ― L. ロン ハバード あなたの心は、あなたの永遠の伴侶です。あなたは1日24時間、365日、心とともに生きています。けれども、人間は心がどういう仕組みになっているのかについて、ほとんど何も知りません。結婚の破綻から職業での挫折まで、仕事の妨げとなる緊張から国家間の紛争まで、人間が抱えるほぼすべての危機は、心に対する人間の無知にその原因をたどることができます。 ですから、その答えを見付けることにどれだけ潜在的な益があるのかを想像してみてください。組織が繁栄し、国家同士が意見の食い違いを解決できるだけでなく、そういった知識を備え、自分自身と他の人たちを完全に理解している個人は、自らの目標を達成する大きな可能性を持つことになります。 実際に、何百万もの人々がまさにそれを達成してきました。史上初めて、人間は心の完全な構造とそれが正確にどう機能するのかを詳細に述べた「操作マニュアル」を手に入れたのです。この「マニュアル」を勉強すれば、誰でも無限の多様性を持つ人間の振舞いの原因を理解することができ、人生で出くわすどのような状況も、その知識によって解決することができます。 したがって、ここには誰もが手にする、最も価値のある必需品の仕組みを発見する冒険が待っているのです。

    Available Formats: Digital Rental
    Digital Rental
Loading more titles...
See More Titles Loading More Titles ... Back To Top
Digital Audiobooks With Zero Restrictions