逸脱とその処理 (Abberation and the Handling of) by L. Ron Hubbard audiobook

逸脱とその処理 (Abberation and the Handling of)

By L. Ron Hubbard

Bridge Publications
1.18 Hours Unabridged
Format: Digital Rental (In Stock)
  • Regular Price: $3.95

    Special Price $1.58

「これから、逸脱とは何かということについてお話しします。逸脱。それは文字通りの意味です。『逸』、『脱』。それは、真っすぐ進んでいないものという意味です。『逸脱(aberration)』とは、基本的に光学用語なんですが、それが心の領域に入り込んできたものです。」 ― L. ロン ハバード逸脱は人々の輝く希望を裏切り、家族を崩壊させ、組織を混乱させ、そして国家を混沌に陥れます。人々が「理路整然と考える」のを妨げるだけでなく、不合理なことを実行するように強いる、どのような悪の種が人間の心の中で成長するのでしょうか? 人間は、何千年にもわたって「逸脱」の原因を発見できなかったため、個人の不幸と破滅した人生について、無数の犠牲を払ってきました。しかし、その答えが見付かれば、無限の展望が広がるでしょう。人々は望み通りに、長く続く成功を収めることができるでしょう。家族は繁栄し、より力強く、団結することでしょう。グループと組織は、新たな段階で繁栄するでしょう。国々は繁栄し、意見の食い違いを解決するのに、もはや暴力や戦争は必要ではないと理解するでしょう。そして、人類の兄弟愛もまた、夢ではなくなるかもしれません。ここには、長い間人間の心の中で隠されてきた破壊の源を突き止めたことで、それらの目標を達成することのできる知識があります。個人やグループ、国家や文明を逸脱の悲惨な結末から自由にすることができるのです。その答えは、これまで知られていなかった「心の映像」の発見にあり、それによって、より良い世界への可能性が生まれたのです。

Learn More
Membership Details
  • Only $12.99/month gets you 1 Credit/month
  • Cancel anytime
  • Hate a book? Then we do too, and we'll exchange it.
See how it works in 15 seconds

Summary

Summary

「これから、逸脱とは何かということについてお話しします。逸脱。それは文字通りの意味です。『逸』、『脱』。それは、真っすぐ進んでいないものという意味です。『逸脱(aberration)』とは、基本的に光学用語なんですが、それが心の領域に入り込んできたものです。」 ― L. ロン ハバード逸脱は人々の輝く希望を裏切り、家族を崩壊させ、組織を混乱させ、そして国家を混沌に陥れます。人々が「理路整然と考える」のを妨げるだけでなく、不合理なことを実行するように強いる、どのような悪の種が人間の心の中で成長するのでしょうか? 人間は、何千年にもわたって「逸脱」の原因を発見できなかったため、個人の不幸と破滅した人生について、無数の犠牲を払ってきました。しかし、その答えが見付かれば、無限の展望が広がるでしょう。人々は望み通りに、長く続く成功を収めることができるでしょう。家族は繁栄し、より力強く、団結することでしょう。グループと組織は、新たな段階で繁栄するでしょう。国々は繁栄し、意見の食い違いを解決するのに、もはや暴力や戦争は必要ではないと理解するでしょう。そして、人類の兄弟愛もまた、夢ではなくなるかもしれません。ここには、長い間人間の心の中で隠されてきた破壊の源を突き止めたことで、それらの目標を達成することのできる知識があります。個人やグループ、国家や文明を逸脱の悲惨な結末から自由にすることができるのです。その答えは、これまで知られていなかった「心の映像」の発見にあり、それによって、より良い世界への可能性が生まれたのです。

Reviews

Reviews

Author

Author Bio: L. Ron Hubbard

Author Bio: L. Ron Hubbard

L. Ron Hubbard (1911–1986), with nineteen New York Times bestsellers and more than 230 million copies of his works in circulation, was among the most acclaimed and widely read authors of the twentieth century. As a leading light of American pulp fiction through the 1930s and 1940s, he was further among the most influential authors of the modern age. Indeed, from Ray Bradbury to Stephen King, there is scarcely a master of imaginative tales who has not paid tribute to him.

Titles by Author

Details

Details

Available Formats : Digital Rental
Category: Nonfiction/Religion
Runtime: 1.18
Audience: Adult
Language: Japanese